ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『ナターシャ』 ディヴィッド・ベズモーズギス | トップページ | 『ブッダ (第12巻)』 手塚治虫 »

『ペット・サウンズ』 ジム・フシーリ

ペット・サウンズ

ジム・フシーリ

新潮クレスト・ブックス

 ビーチ・ボーイズといえばサーフィン・サウンド、明るい西海岸で健康そうに日焼けした若者がドライブしたり、サーフィンしたり、デートしたりというイメージを頭に浮かべてしまいます。

 

 レコード会社はそんなイメージでビーチボーイズを売り出し、成功を納め、その路線のまま次のレコーディングも行って欲しいと思っていました。でも、ブライアン・ウィルソンの頭の中には、全く違うものが計画されていました。

 

 そして、マネージャーでもあった父親との確執などで精神を病んでしまった彼は、ツアーにはもう参加しないと宣言したのです。「ぼくは曲を書くことに専念するよ!」と言って、スタジオに籠ります。シングル・ヒットを狙うのではなく、アルバムとしての完成度を目指して!

 

 そうして作られたのが「ペット・サウンズ」という革新的なアルバムです。

 

 もし「ペット・サウンズ」がなかったら、「サージェント・ペパーズ」もなかっただろう by ジョージ・マーティン

 

 ジョンとポールも、ミック・ジャガーも、キース・ムーンも凄い!と認めたこのアルバムを、唯一認めなかったのがビーチ・ボーイズの他のメンバー達だったのです。彼らの言い分は、「これじゃブライアンのソロ・アルバムじゃないか」。確かにそうですけど。(-_-;)

 

 その後のブライアンはビーチ・ボーイズのためにいくつかの仕事をしましたが、更に精神を病み、数年後に音楽の第一線から退くことになってしまうのです。

 

 ビートルズとビーチ・ボーイズが同じくらい人気があった時代があったんですね!まぁ、ストーンズやザ・フーだって日本では扱いが軽いですからね。

 

 一時は再起不能と言われたブライアンですが、1988年にはソロ・アルバムを発表し、2000年以降はソロのステージを数多く行っています。戻ってきてくれて本当に良かった!

 

1007冊目(今年42冊目)
外国作品を読もう!キャンペーン 13冊目

 

トラックバック先
新潮クレスト・ブックスを読もう!

« 『ナターシャ』 ディヴィッド・ベズモーズギス | トップページ | 『ブッダ (第12巻)』 手塚治虫 »

伝記・日記・ノンフィクション」カテゴリの記事

音楽が聞こえてくる本」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜。
 村上春樹さん翻訳ということで気になっていましたが、音楽関係のお話というか実話ものでございましたか。昔の洋楽はほとんどいっていいほど知らないのですが、さすがにビートルズとかビーチボーイズは知っておりますが、そこにもドラマがたくさんあるのですねぇ。

樽井さん☆こんばんは
ビートルズとビーチボーイズはお互いに尊敬しあい、影響し合っていたのに、レコード会社だけが分かってなかったってところが悲劇なんですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ペット・サウンズ』 ジム・フシーリ:

« 『ナターシャ』 ディヴィッド・ベズモーズギス | トップページ | 『ブッダ (第12巻)』 手塚治虫 »