ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『女優の箪笥』 室井滋 | トップページ | chalkbot というアイデア »

『わたしの定番』 天然生活くらしbooks

 お気に入りの道具が手元にあると、それだけで幸せ!

 それはハサミだったり、ボールペンだったり、小さなお皿だったり、フライパンだったり。理由はよく分からないけれど、手にしっくりくるもの、いつもそばに置いてあるもの。

 他のものでも用は足せるけど、やっぱりあなたじゃないとダメなのよ~、いつもありがとうって思ってる。Photo_2

 わたしがどうしてもこだわってしまうのはハサミです。

 子供のころから身近にあったせいなのでしょうか?

 握り鋏(和鋏)が大好きなんです。握る部分に布を巻きつけると益々持ちやすくって、学生時代から同じものをずっと使ってます。

Photo_3 裁ちばさみも良いのを一度使ってしまうと、もう安いのは使えませんね。持った時のバランス、そして刃を閉じて布を切るときのサクッという感覚が全く違います。

 ところで、正しいハサミの持ち方ってご存知ですか?

 こういう形のハサミの時、小さい方の穴に親指、大きい方に残りの4本全部を入れてませんか?

残念!違うんですよ~

  大きな穴には中指、薬指、小指の3本を入れます。人差し指はどこに?

Photo_4  正解はコレ!人差し指はこんな風に出しておきます。

 そうするとハサミが安定して切りやすいんです。ハサミを観察してみると、「人差し指がここに来るんですよ」というガイドがほとんどのものに付いています。

 これは園芸用であろうと、料理用であろうと同じなんです。

 美容師さんが使うハサミは小さいので、中指と薬指を大きい方の穴に入れて、小指は外に出すようになってますけど、人差し指の位置は同じです。今度美容院に行ったら観察してみてくださいね。

 子供のころに、鉛筆の持ち方とかハサミの持ち方って親や先生から習うはずなんですが (^_^;)

 不思議な持ち方をしている人が多いのは何故なんでしょう?

 一度ちゃんとした持ち方を覚えると、アラッ?って思いますよ、きっと!

1041冊目(今年76冊目)

« 『女優の箪笥』 室井滋 | トップページ | chalkbot というアイデア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『わたしの定番』 天然生活くらしbooks:

« 『女優の箪笥』 室井滋 | トップページ | chalkbot というアイデア »