ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『桐島、部活やめるってよ』 浅井 リョウ | トップページ | 『レヴォリューションNo.0』 金城 一紀 »

『考えない練習』 小池 龍之介

考えない練習
考えない練習
posted with amazlet at 11.06.02
小池 龍之介
小学館

 どうして余計なことばかり考えてしまうのでしょう?そんなこと、もう過ぎてしまったことなんだから忘れてしまえばいいのにと、理屈では分かっているのだけど。同じことばかりクヨクヨ考えてしまうのって何故なのでしょうか?

 クヨクヨしたって、グチを言ったって、ひがんでみたって、どう変わるわけでもないのにねぇ。それはそれって割り切れないのよね。

 それって執着なんでしょうか?往生際が悪いってことなんでしょうか?

 欲しいと思っているから、それが手に入るという考え方もあるけど、逆に欲しがり過ぎて嫌われるってこともあると思うの。

 この本を読んでいて一番気になったのは「ありがとう病」でした。

 「ありがとう」というのは確かに美しい言葉だけど、心にもない「ありがとう」を言い続けていると、心が病んでくるというのです。

 心から「ありがとう」と思えない状態、つまり感謝のない状態で「ありがとう」だけ言ってもねぇってこともあるし、アドバイスなどを頂いたときに「ありがとう」という返事だけで、その後何も変わっていなかったら、それはウソつきってことだもの。

 いい人と思われたい、誠実な人だと思われたい、そういうのも煩悩だから、いちいち気にしていたら、いつかは押しつぶされてしまうのよね。

 余計なことは考えないで素直に生きていくことが大事だって、本気で思う今日この頃です。

1307冊目(今年48冊目)☆☆☆

« 『桐島、部活やめるってよ』 浅井 リョウ | トップページ | 『レヴォリューションNo.0』 金城 一紀 »

心・脳・身体」カテゴリの記事

日本の作家 か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『考えない練習』 小池 龍之介:

« 『桐島、部活やめるってよ』 浅井 リョウ | トップページ | 『レヴォリューションNo.0』 金城 一紀 »