ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『スタンフォードの自分を変える教室』 ケリー・マクゴニガル | トップページ | 『大奥 第10巻』 よしながふみ »

『つむじ風食堂と僕』 吉田 篤弘

 この物語の主人公、リツ君は「それからはスープのことばかり考えて暮らした」に登場するパン屋さん3(トロワ)の安藤さんのお子さんです。彼はまだ小学生なのだけれど、とても大人びた考えを持っています。

 彼は100円玉を10個握りしめて「つむじ風食堂」へごはんを食べに行きます。ごはんがおいしいのはもちろんだけど、ここにやってくる大人たちと話をするのが楽しいのです。

 将来どんな仕事をしたら楽しいのかな?リツ君は大人たちに質問していきます。大人たちはそれぞれの思いを話してくれます。

 この本をいきなり読んでも面白いけど、できるなら「それからはスープのことばかり考えて暮らした」と「つむじ風食堂の夜」の2冊を読んでから、この本を読むことをお奨めします。

 この「ちくまプリマー新書」は、「子供たちに、1つだけ伝えるとしたら、あなたは何を伝えますか」「それを、原稿用紙100枚で書いてください」という趣旨で作られているのだそうです。装丁はすべて、吉田さんが主宰されている「クラフトエヴィング商會」が行っています。1冊1冊違う装丁で、そのどれもがすてきなのです。

 この本は「ちくまプリマー新書」の記念すべき200冊目の本です。文章も、装丁も、ステキなこの本を大勢の人に読んで欲しいな!

1549冊目(今年74冊目)☆☆☆☆☆

« 『スタンフォードの自分を変える教室』 ケリー・マクゴニガル | トップページ | 『大奥 第10巻』 よしながふみ »

新書」カテゴリの記事

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『つむじ風食堂と僕』 吉田 篤弘:

« 『スタンフォードの自分を変える教室』 ケリー・マクゴニガル | トップページ | 『大奥 第10巻』 よしながふみ »