ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す』 津田 大介 | トップページ | 篠崎文化プラザ第23回企画展示「荒川百年物語」 »

『としょかんライオン』 ミシェル ヌードセン

としょかんライオン (海外秀作絵本 17)
ミシェル ヌードセン
岩崎書店

 ある日、図書館にライオンがやって来ました。みんなライオンの姿にビックリしたのですが、館長さんは「図書館のルールさえ守れば構いません」とおっしゃったのです。そして、ライオンさんは毎日図書館へやって来るようになり、子供たちと仲良くなりました。

 図書館ってどうも堅いイメージがあります。みんなが気持ちよく使えるためにということで決まったルールが色々あるからなのだと思いますが、そればっかりではいけないなぁってことを、ライオンさんが教えてくれます。

 子供にも大人にも読んでもらいたい、とっても良い作品です!

1594冊目(今年37冊目)☆☆☆☆☆

« 『ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す』 津田 大介 | トップページ | 篠崎文化プラザ第23回企画展示「荒川百年物語」 »

海外 児童文学」カテゴリの記事

図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『としょかんライオン』 ミシェル ヌードセン:

« 『ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す』 津田 大介 | トップページ | 篠崎文化プラザ第23回企画展示「荒川百年物語」 »