ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『やかまし村の子どもたち』 アストリッド・リンドグレーン | トップページ | 『アンドロイドは人間になれるか』 石黒 浩 »

『上を向いて歩こう』 佐藤 剛

上を向いて歩こう

佐藤 剛

 作曲:中村八大、作詞:永六輔、歌:坂本九。あまりにも有名なこの曲がどう生まれたのかから始まるこの本は、日本のポピュラーソングやプロダクションやレコード会社が、いかにして出来上がっていったのかを紐解く本です。

 元々はミュージシャンだったけれど、それよりもプロダクション業務に才能があった渡辺晋。ジャズピアニストとしての才能に溢れていたのに、何故か薬物中毒になってしまった中村八大。安保闘争に燃えていた永六輔。これまで知らなかった事実がたくさん登場します。

 二枚目でもないし、音域が広いわけでもない。でも、坂本九のリズム感に才能を感じたという中村八大の感性が、時代を作っていったのでしょうね。

 ロカビリーやジャズの歌手たちがTVという媒体を通して有名になっていく、「アイドル」というスタイルの原点がこの時代に出来上がっていったということがよく分かります。

 永さんの歌詞が先にできていても、八大さんは曲を作っていくなかで歌詞をドンドン変えてしまうという話も面白かったです。

 TVという媒体が崩壊しつつある今、こういう歴史を紐解くのも面白いものですね。

1308冊目(今年26冊目)☆☆☆☆☆

« 『やかまし村の子どもたち』 アストリッド・リンドグレーン | トップページ | 『アンドロイドは人間になれるか』 石黒 浩 »

伝記・日記・ノンフィクション」カテゴリの記事

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『上を向いて歩こう』 佐藤 剛:

« 『やかまし村の子どもたち』 アストリッド・リンドグレーン | トップページ | 『アンドロイドは人間になれるか』 石黒 浩 »