ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『もう一度倫敦巴里』 和田 誠 | トップページ | 『ホワイトラビット』 伊坂 幸太郎 »

『ラブ・ミー・テンダー 東京バンドワゴン12』 小路 幸也

ラブ・ミー・テンダー
東京バンドワゴン12

小路 幸也

 今回のお話は、我南人がミュージシャンとしてデビューして間もないころのお話です。ですから堀田家は勘一さん、サチさん、我南人さんの3人だけ!とはいっても、隣の学生アパートのみなさんがいつもごはんを食べに来ているから、家の中はいつも賑やかです。

 そして、今回の主人公というべきなのは秋実さんでしょう。意外な事件から堀田家と関りを持つようになりました。

 もう一人の主人公はサチさんです。いつもは遠くから見てるだけでしたけど、今回はバリバリ活躍しています。我南人さんのバンドのマネージャーをしていたという意外な事実も明らかにされました(笑)

 時代は違っても、バンドワゴンにはいつもいい人たちが集まってきますね。やっぱりいいなぁ、人と人との結びつきって大事だなぁって痛感します。

 今回もやっぱり「LOVEだよねぇ」でした。

1318冊目(今年36冊目)☆☆☆☆☆☆

« 『もう一度倫敦巴里』 和田 誠 | トップページ | 『ホワイトラビット』 伊坂 幸太郎 »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ラブ・ミー・テンダー 東京バンドワゴン12』 小路 幸也:

« 『もう一度倫敦巴里』 和田 誠 | トップページ | 『ホワイトラビット』 伊坂 幸太郎 »