ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『日常学事始』 萩原 魚雷 | トップページ | 『大軍都・東京を歩く』 黒田 涼 »

『花咲小路一丁目の刑事』 小路幸也

花咲小路一丁目の刑事

小路 幸也

 花咲小路一丁目で和定食の店をやっている祖母の家に同居することになった若い刑事さん。たまの非番の日に祖母から頼まれるご近所からの頼まれごとを調べてみることになりました。

 

 元々はこの辺りで育った子だから、ご近所さんとも結構顔なじみで、頼まれごとを調べつつも町の中のほのぼのした感じがよく伝わってきます。

 

 朝ごはんの描写は、バンドワゴンシリーズと似てて、やっぱりねぇって感じ(笑)

 

 ちょっと訳ありな方々も登場しますけど、みんな決して悪い人じゃないところが、さすが小路さんですね。

 

 このシリーズも何冊か出ているので、続けて読んでみようと思います。

 

1342冊目(今年60冊目)☆☆☆☆☆

 

 

« 『日常学事始』 萩原 魚雷 | トップページ | 『大軍都・東京を歩く』 黒田 涼 »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『花咲小路一丁目の刑事』 小路幸也:

« 『日常学事始』 萩原 魚雷 | トップページ | 『大軍都・東京を歩く』 黒田 涼 »