ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『八月の六日間』 北村 薫 | トップページ | 『最強の独学術』 本山 勝寛 »

『エッジィな男 ムッシュかまやつ』 サエキけんぞう 中村俊夫

エッジィな男 ムッシュかまやつ

サエキけんぞう 中村俊夫

 ムッシュの芸名が、釜萢ヒロシ → かまやつヒロシ → かまやつひろし → ムッシュかまやつ と変遷したことをご存知でしょうか?

 わたしは「スパイダースのかまやつひろし」からしか知らないのですが、それより前をご存知の方は意外と少ないんじゃないかなぁ?それにしても、ムッシュっていつも今の音楽の端っこに必ずいたんだよなぁって思います。

 流行の最先端に近いところにはいるけど、決して先頭じゃないところ、いい位置につけていたという気がします。

 スパイダースが結成されたころ、ムッシュはビートルズのLPを聞き込み、必死に研究をしたというのです。それまではウエスタンやジャズが主流だった世界にロックを取り入れようと必死に頑張っていたのです。スパイダースは売れ線の音楽をやらなければならないといジレンマと闘いながら、個人的には好きな音楽を必死に作っていたんです。

 ガロもユーミンもムッシュがいたからこそ有名になったのだし、吉田拓郎との共作も、アルフィーの坂崎幸之助との交遊も、ムッシュの人柄と音楽への愛が生んだものだったのでしょうね。

 最後までムッシュというイメージを崩さずにいたのが素敵だったなぁと思います。こういう人のことをカッコいい人っていうんですよね!

1351冊目(今年6冊目)☆☆☆☆☆

« 『八月の六日間』 北村 薫 | トップページ | 『最強の独学術』 本山 勝寛 »

伝記・日記・ノンフィクション」カテゴリの記事

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

日本の作家 な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『エッジィな男 ムッシュかまやつ』 サエキけんぞう 中村俊夫:

« 『八月の六日間』 北村 薫 | トップページ | 『最強の独学術』 本山 勝寛 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Livedoor Blog Roll