ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『サイバラの部屋』 西原 理恵子 | トップページ | 『あ・うん』 向田 邦子 »

『花咲小路二丁目の花乃子さん』 小路幸也

花咲小路二丁目の花乃子さん

小路 幸也

 今回は花咲小路二丁目のお花屋さんのお話。花咲小路商店街のお馴染みの皆さんが、あちらこちらに登場してきます。

 

 お花を誰かに贈ろうと思うときって、ほとんどの場合は送る誰かのための愛を込めて贈ります。でも、悪意を込めようとする人が時々います。そんな邪悪な気持ちを、何故か察知してしまう花乃子さん。

 

 お花には不思議な力があって、それを良いほうに使うのも、悪いほうに使うのも、人間なのです。自分のお店の花で、誰かに嫌な思いをさせるのは嫌だから、それを何とか食い止めたいと思うのです。

 

 人生にはいろんなことがあって、それを乗り越えて行くには、やっぱり愛が大切なんだよねって感じる本でした。

 

1347冊目(今年2冊目)☆☆☆☆☆

« 『サイバラの部屋』 西原 理恵子 | トップページ | 『あ・うん』 向田 邦子 »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『花咲小路二丁目の花乃子さん』 小路幸也:

« 『サイバラの部屋』 西原 理恵子 | トップページ | 『あ・うん』 向田 邦子 »