ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『金曜日の本屋さん 冬のバニラアイス』 名取佐和子 | トップページ | 『限界をつくらない生き方 KEEP MOVING』 武藤将胤 »

『未来の年表2』 河合雅司

未来の年表2

河合 雅司

 「未来の年表」は、かなりショックを受ける内容でしたが、「未来の年表2」は更にパワーアップしています。

  • 伴侶を亡くすと自宅が凶器と化す
  • 東京や大阪の繁華街に「幽霊屋敷」出現
  • デパートの売り場が大混乱
  • 親が亡くなると地方銀行が消滅
  • 刑務所が介護施設と化す
  • 投票ができず、民主主義が崩壊
  • ネットで買った商品が一向に届かない

 これまで当然と思っていたシステムが、実際に働く若い人が少なくなることによって滞ってしまうのです。通販で買い物をしたい人は増えるけれど、トラックを運転する人は少なくなっていき、商品が届かなかったり。

 自分で車を運転できなくなり、買い物へ出かけることができなくなる。投票にだって行けない。銀行にも病院にも行けない。バスやタクシーに頼りたくても、その運転手がいない。

 わたしたちは、想像以上に長生きするのだそうです。そして、ほとんどの人が「おひとりさま」になります。だから今から「自分にできること」を考え、実行しておかなければならないのです。

  • 働けるうちは働く
  • 家の中をコンパクト化する

 基本となるのは、この2点です。長時間でなくても働くことによって頭も使うし体力も使います。少しでも収入があるというのは、精神的にも安心感が増えます。

 そして、家の中をコンパクト化するというのは、簡単そうで意外と難しいことなのです。若くて判断力のある間でないと、様々なものの取捨選択はできないのです。歳と共に重いものが持てなくなる、高いところへ登れなくなる。掃除する部屋は少なくしたい。なんてことを、ちゃんと計画すること、これも大事な老いへの備えです。

 何でもそうですけど、後回しにしたばっかりに後悔することがないように、少しでも若いうちから準備しておくことが大事なんだなと、思わず考えさせられる本でした。

1409冊目(今年67冊目)☆☆☆☆☆

« 『金曜日の本屋さん 冬のバニラアイス』 名取佐和子 | トップページ | 『限界をつくらない生き方 KEEP MOVING』 武藤将胤 »

新書」カテゴリの記事

日本の作家 か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『未来の年表2』 河合雅司:

« 『金曜日の本屋さん 冬のバニラアイス』 名取佐和子 | トップページ | 『限界をつくらない生き方 KEEP MOVING』 武藤将胤 »