ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『日本語オノマトペのえほん』 髙野紀子 | トップページ | 『自分の小さな「箱」から脱出する方法』 アービンジャー・インスティチュート(再読) »

『ど忘れ書道』 いとうせいこう

ど忘れ書道

いとうせいこう

 いとうさんは、歳とともにど忘れして言葉が出てこないことが気になっていました。そこで、ど忘れした言葉を書き出すということを習慣化しようと考えたのです。そうやって書き出したら、もう忘れないだろうという予定だったんですけど、いやいや、忘れるスピードにはついていけず、何度でも忘れるし、更に新しいど忘れが頻発するのです(笑)

 

 ど忘れで思い出せないことって、よくありますよね。「あれだよ、あれ」「ほら、ビールのCMに出てるあの人」「大きな船が難破する話で、その船の名前は何だっけ?」なんてことは日常茶飯事です。会話している相手が正解を教えてくれたり、自力で思い出したりするのはいい方で、結局分からずじまいのこともかなりありますねぇ。

 

 正解がわかった~!と文字にしてみたら、漢字を間違えてたり、

 

 マツコ・デラックスがなぜか「スーパー松子」になっていたり、

 

 ど忘れと、思い違いと、いろんなことがまぜこぜになって、紙に書き出した文字がどんどんカオス化していくところが面白い!

 

 いとうさん本人はかなり落ち込んで、自分は耄碌してるんじゃないかと心配してます。

 

 でも、大丈夫ですよ。忘れたった自覚があるうちは(笑)

 

1947冊目(今年252冊目)

« 『日本語オノマトペのえほん』 髙野紀子 | トップページ | 『自分の小さな「箱」から脱出する方法』 アービンジャー・インスティチュート(再読) »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『日本語オノマトペのえほん』 髙野紀子 | トップページ | 『自分の小さな「箱」から脱出する方法』 アービンジャー・インスティチュート(再読) »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Livedoor Blog Roll