ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『ハーレムの闘う本屋 ルイス・ミショーの生涯』 ヴォーンダ・ミショー・ネルソン | トップページ | 『二週間の休暇』 フジモトマサル »

『オオカミと石のスープ』 アナイス・ヴォージュラード

オオカミと石のスープ
Steinsuppe

アナイス・ヴォージュラード 作・絵
Anaies Vaugelade 

平岡敦 訳

 オオカミさんが、めんどりさんの家のドアを叩いて、石のスープを作りたいので鍋を貸して欲しいって言うんです。めんどりさんは、このオオカミさんのことを怪しいなぁと思いつつも、石のスープってどんな味なんだろう?って好奇心に負けてドアを開けてしまいます。

 大きなお鍋を借りたオオカミさんは、かついできた石を大きな鍋に入れてぐつぐつ煮始めました。

 近所の住人たちが、心配してめんどりさんの家に様子を見に来ます。彼らも石のスープに興味津々で、いろんな野菜を鍋に入れていきます。

 いろんな動物がやって来て、ワインも飲んじゃって、楽しいスープパーティーになりました。

 

 ただ一人、オオカミさんだけは不機嫌な顔をして、大きな石をかついで帰るんですけど、本当は何をしたかったのかしら?

 オオカミさんは、また別の村へ行って同じことをするのかしら?

 あの大きな石からは、いいお出汁が出たのかしら?

 わたしも石のスープを飲んでみたいわ。

1967冊目(今年272冊目)

 

« 『ハーレムの闘う本屋 ルイス・ミショーの生涯』 ヴォーンダ・ミショー・ネルソン | トップページ | 『二週間の休暇』 フジモトマサル »

海外 児童文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ハーレムの闘う本屋 ルイス・ミショーの生涯』 ヴォーンダ・ミショー・ネルソン | トップページ | 『二週間の休暇』 フジモトマサル »