ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『紙つなげ!彼らが本の紙を造っている』 佐々涼子 | トップページ | 『終電車ならとっくに行ってしまった』 フジモトマサル »

『喧嘩上等(うさぎとマツコの往復書簡3)』 中村うさぎ マツコ・デラックス

喧嘩上等
うさぎとマツコの往復書簡3

中村うさぎ

マツコ・デラックス

アンタの、「リーダーがボンクラでもそれなりに回っていく社会。ある時期まで、日本はそんな国だった気がする」って発言は、まさしくおっしゃる通りなんだけれども、一つだけちょっと違うのかなって思うのが「気がする」が必要ないってところだわ。(マツコ)

神様にお祈りしたのよ。
「神様、私は幸せになりたくありません。幸せという名の思考停止に陥るくらいなら、私を一生幸せから遠ざけて悪あがきさせてください。その代わり、死ぬまで考え続ける力をお与えください。」(うさぎ)

 2人は全く違う人間、考え方も生き方も違うんだけど、でも似てる。何処が似ているのか?それは普通じゃないってところだな。普通の人が求めるような幸せとか、安定とか、家族とかからはかけ離れた生活をしている。でも、不幸なわけじゃない。自分の本能が求めることをやっているだけなんだと思う。

 マツコさんは女装だから、女になりたい男だと思われてしまいがちだけど、どうも違うらしい。自分の認識としては男性で、好きになるのは男性。でも、服装や化粧なんかは女性のスタイルが好きということらしい。だから性同一性障害ではないって言っている。アタシの性別は男なんだって。

 うさぎさんは、整形手術や豊胸手術を一生懸命にやっていたころは「男にモテたいから」と思っていたんだけど、実際にはちっともモテなくて、そこで気がついたのが「男のためじゃなく、自分の満足のため」にこんなことをしてたってこと。

 

 2人の会話には根底に信頼があるから、辛辣なことを言い合っていても大丈夫なんだなぁ。こういうのが会話ってものなんだよなって思う。真剣に怒ったり、笑ったりするのっていいな。こういう相手がいるって素晴らしいことだとだなぁ。魂の双子がいるって羨ましい。

1984冊目(今年4冊目)

« 『紙つなげ!彼らが本の紙を造っている』 佐々涼子 | トップページ | 『終電車ならとっくに行ってしまった』 フジモトマサル »

日本の作家 な行」カテゴリの記事

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『紙つなげ!彼らが本の紙を造っている』 佐々涼子 | トップページ | 『終電車ならとっくに行ってしまった』 フジモトマサル »