ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『図書室のピーナッツ』 竹内真 | トップページ | 『あとは死ぬだけ』 中村うさぎ »

『怪談えほん(16) おめん』 夢枕獏 辻川奈美 東雅夫

怪談えほん(16) おめん

夢枕獏(ゆめまくら ばく)作

辻川奈美(つじかわ なみ)絵

東雅夫(ひがし まさお)編

岩崎書店

NetGallyJP

 おめんをかぶると、どんな願いでも叶うから、おめんをかぶって、いやなあの子のことを呪ってみた。
 呪ったら、その通りになった。いいきみだ。

 

 おめんの力でいろんなことができたから、いろんなことをやってみた。
 もう十分と思ったので、おめんを外そうとしたら、外れなくなった。

 

 他人のことを羨んだり、嫌ったり、悪口をいったり、いじめたりしたい。

 いつもの顔のままではなく、おめんをかぶって悪いことしちゃえと思ってる人がいる。

 それは正義という名の圧力だったり、みんなと違うという差別だったりするんだけど、大義名分があれば相当ひどいことだってできてしまう。そんなことをしちゃうのは、一見普通の人。

 自分がそんなことをされたら嫌だなぁって想像力のない人。あの人のせいでわたしが辛いのって、勝手に思っている人。

 ばれないためのおめんが、いつのまにかおめんじゃなく自分の顔になってるって気がつかない人。

 

 ああ、怖い。

 

#怪談えほんおめん #NetGalleyJP

2103冊目(今年123冊目)

« 『図書室のピーナッツ』 竹内真 | トップページ | 『あとは死ぬだけ』 中村うさぎ »

日本の作家 た行」カテゴリの記事

日本の作家 は行」カテゴリの記事

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『図書室のピーナッツ』 竹内真 | トップページ | 『あとは死ぬだけ』 中村うさぎ »