ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神』 水野敬也 | トップページ | 『罪の声』 塩田武士 »

『チーズはどこへ消えた?』 スペンサー・ジョンソン

チーズはどこへ消えた?
Who Moved My Cheese?

スペンサー・ジョンソン
Spencer Johnson, M.D.

門田美鈴(かどた みすず)訳

扶桑社 NetGalleyJP

この物語に登場するのは
ネズミのスニッフとスカリー、小人のヘムとホー。
2匹と2人は「迷路」のなかに住み、「チーズ」を探します。

「チーズ」とは、私たちが人生で求めるもの、つまり、仕事、家族、財産、健康、精神的な安定---等々の象徴。
「迷路」とは、チーズを追いもとめる場所、つまり、会社、地域社会、家庭---等々の象徴です。(まえがき より)

 2匹と2人は、チーズを食べて生きています。チーズがたくさんある場所(チーズ・ステーションC)を見つけてから、ヘムとホーの2人は「これだけたくさんチーズがあれば、もう安心」と思って、チーズがある場所のそばに住まいを移して永住するつもりです。一方、スニッフとスカリーは、ここにチーズがあることはもちろん知ってますけど、それ以外にもないかと毎日迷路の中を歩き回っています。

 あんなにたくさんあったチーズでしたけど、時と共に減っていき、ついに無くなってしまったのです。ヘムとホーはうろたえます。どうして無くなってしまったのかと悩むばかりです。

 スニッフとスカリーの方は、常に探し続けていましたから、新しい場所チーズ・ステーションNを見つけました。

 

 この本は1998年に米国で出版され、翻訳版が日本で発売出版されたのは2000年。20年たった今も、この本が語ることばの輝きは変わりませんね。

・遅れをとっても、何もしないよりいい

・古いチーズに早く見切りをつければ それだけ早く新しいチーズがみつかる

・早い時期に小さな変化に気づけば やがて訪れる大きな変化にうまく適応できる

・最大の障害は自分自身の中にある。自分が変わらなければ好転しない ---そう思い知らされた。

 

 何かあった時に、その状況を理解して分析することはできても、次のアクションが起こせないから、そこから抜け出せなくなってしまうんです。冷静に考えれば、とても簡単なことです。

 ところが、そんな境遇に自分がなってみると、意外とオロオロするばかりなのです。そんな日が来ると想像していなかったのか、自分には何ができるのかが分かっていないのか、理由は様々ですけど、思考がフリーズしてしまって何もできなくなってしまうのです。

 何か問題が起きた時に「情報の収集と分析」しかできない、某政府などはその典型ですよね。

 普段からいろんな想定をしておくこと、よその世界を見ておくこと、自分が置かれている環境を自分以外の視点から見てみること。そういうことって大事だなぁと改めて感じました。

 

 コロナ禍になって、いろんな前提条件がひっくり返されてしまいました。

 内需がダメならインバウンドに頼ればいいって思っていたのに、インバウンドがダメになってしまったり。みんなで集まって会議をしなくっちゃと言っていたのに、リモート会議で大丈夫ということが分かってしまったり。在宅勤務になって初めて、自宅に机といすがないことに気がついたり。

 病気になったり、歳を取ったり、家族が増えたり減ったり、いろんな環境が変わっていくのに、ずっと同じ生活を続けようったって無理なんだってことに、今だからこそ気がつかないとね。

 これまで信じてきたことがひっくり返っても、何かしらの方法で生きていかなければならないんですから。

 

 重い腰を上げて動き出したホーが書き残したメッセージをヘムは見つける日が来るのでしょうか?

 続編「迷路の外には何がある?」は、ヘムの物語です。

登場人物の名前には、こういう意味があるのだそうです。なるほどねぇって思います。

スニッフ においをかぐ、~をかぎつける
スカリー 急いで行く、素早く動く
ヘム   閉じ込める、取り囲む
ホー   口ごもる、笑う

#チーズはどこへ消えた #NetGalleyJP

2099冊目(今年119冊目)

« 『夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神』 水野敬也 | トップページ | 『罪の声』 塩田武士 »

海外 その他」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神』 水野敬也 | トップページ | 『罪の声』 塩田武士 »