ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『ふつうがえらい』 佐野洋子 | トップページ | 『ラジオのこちら側で』ピーター・バラカン »

『きのう何食べた? 18』 よしながふみ

きのう何食べた?18

よしながふみ

講談社

ホントありがたいよなあ・・・
俺ですら食べられるけど好きじゃないものがあるのにケンジなんて食い物に「好き」と「大好き」しかないんだもんな(本文より)

 ケンちゃんはシロさんが作ってくれたごはんを「おいしい」って必ず褒めてくれるし、「また作ってね」っておねだりしちゃうところが可愛いのよね。そういう無邪気な所がケンちゃんの最大のチャームポイントよね。

 シロさんは、そんなケンちゃんのことが心配だから「自筆証書遺言」を書くことにしたんだけど、この2人のようなカップルにとってこれはとっても大事なことよね。結婚できたら、そんなこといちいち考えなくて済むけど、今の日本ではこれが最大限の保証なんだなって思うと切ないです。

 コロナ禍になって、急に入院することになってしまうかもしれないし?、もしかしたら死んでしまうかもしれないし、いろんなことを考えたんだろうなぁ。同性婚をなかなか認めてくれない日本で、これが最大限の保証ってのはねぇ。

 養子の件は、絶対に嫌だと抵抗するケンちゃんの気持ちに、「そうだよね、そこが大事だよね」って思いました。

 

ワタル君だけずっと一人で誰とも会わないお仕事だもんね
ちょっとさびしくなっちゃったんだよ
きっと

 小日向家にお呼ばれして、ごちそうを食べてますけど、今回はノロケ・トークじゃないところが気になってたんだけど、ワタル君(ジルベール)はきっと誰かと話がしたかったんだよね。強がってるけど、きっとそうだよ。そんな彼を気遣って、パーティーをセッティングしてくれる小日向さんって優しいなぁ。

 大みそかに佳代子のお宅にお邪魔して、きんとん作りを手伝ったり、エビのかき揚げが入ったおそばをごちそうになったり、こういう家族ぐるみのおつきあいっていいわねぇ。これからは、これも恒例になりそうです。ここのお宅は第二の実家のような安心感があっていいわね。

2124冊目(今年144冊目)

« 『ふつうがえらい』 佐野洋子 | トップページ | 『ラジオのこちら側で』ピーター・バラカン »

コミックス」カテゴリの記事

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ふつうがえらい』 佐野洋子 | トップページ | 『ラジオのこちら側で』ピーター・バラカン »