ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『ネコとカレーライス スパイスと秘密のしっぽ』 藤野ふじの | トップページ | 『さよならの向う側』 清水晴木 »

『わが家は幽世の貸本屋さん 5 残月の告白と妖しい秘めごと』 忍丸

わが家は幽世の貸本屋さん 5
残月の告白と妖しい秘めごと

忍丸(しのぶまる)

マイクロマガジン社 ことのは文庫

NetallyJP 

 香織と水明は、あいかわらず不器用な恋をしています。でもそれがこの2人らしくていいのかもね。 

手の届く範囲の相手に心を砕いて、一生けん命それだけに集中してごらんなさい。そうしたら・・・いつの間にか救われています。(本文より)

 香織を母親代わりに育ててくれたナナシ、彼女にも悲しい過去があったのね。でも彼女を助けてくれたお雪さんのおかげで、とても強い人になりました。そして、彼女に教えてもらった愛を香織にそそいでくれています。

(一人でできることは小さくても)器が大きい人っていうのはね、手をつなぐ相手がたくさんいる人のことを言うんだわ。

 双子の烏天狗の金目と銀目、東雲さん、ナナシ、犬神のクロ、みんないい奴なんだよねぇ。彼らだってそれぞれに悩みや苦しみを持っているけれど、毎日を必死に生きているから、明るく生きていけるんだろうなぁ。

 

 なんでも願いが叶うし、不老不死の身体を手に入れられる人魚の肉というのが今回のキーワードなんだけど、そういうものを欲しがる人っていつの世にもいるのよね。でも、本当にそうなった時に失ってしまうものもあるということに気がついた物語屋の玉樹さんの運命のことを考えると、確かに辛いなぁ。終わりがあるということの大事さもあるんだなぁ。

 ラストに出てきた東雲さんの身体の具合が気になるんですけど、次作はそこから始まるのかしら?

#わが家は幽世の貸本屋さん5 #NetGalleyJP

2119冊目(今年139冊目)

« 『ネコとカレーライス スパイスと秘密のしっぽ』 藤野ふじの | トップページ | 『さよならの向う側』 清水晴木 »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ネコとカレーライス スパイスと秘密のしっぽ』 藤野ふじの | トップページ | 『さよならの向う側』 清水晴木 »