ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『師匠!』 内海桂子 | トップページ | 『天使と悪魔のシネマ』 小野寺史宜 »

『りぼんちゃん』 村上雅郁

りぼんちゃん

村上雅郁(むらかみ まさふみ)

フレーベル館

NetGalleyJP

 小学6年生の朱理(あかり)ちゃんのクラスに転校生がやって来ました。彼女の名前は理緒(りお)、髪の大きなリボンが似合うかわいい子です。担任の先生から、彼女に学校の事や、町のことを教えてあげてねと頼まれた朱里ちゃんは、一緒に登校し、休み時間も一緒、二人はどんどん仲良くなりました。

 朱理ちゃんは本を読むのが大好きです。そして物語を作るのも大好きです。一人の時間ができると、あかずきんちゃんとおばあさんのお話を書いています。おばあさんは、とてもやさしくて、朱里の話をいつでも聞いてくれた自分のおばあさんがモデルです。あかずきんちゃんは朱里がモデル。そこに、新しく友達になった「りぼんちゃん」も登場させることにしました。

 仲良くなった理緒ちゃんには、どうも悩みがあるらしいのです。でも、それを言いたがらないので、朱里ちゃんはどうしていいのかわかりません。それを誰かに相談したいのだけど、誰も本気で話を聞いてくれなくて、悩みは深まるばかりです。

きみが思っていることを、そのまま言えばいいんだよ。上手に言おうとしなくていい、聞こえがいいようにかざる必要もない。心配しないで。ちゃんと伝わるよ(本文より)

 疑問や悩みを誰かに伝えたいんだけど、それを受け取ってくれる人が見つからなかったり、そもそもそういう人がいなかったり、思いを自分の中に閉じ込めてしまっているのって、とてもつらいことです。誰でもいいから、黙ってわたしの話をきいてください。そんな心の叫びを受け止めてくれる人はどこにいるのかしら?

 

知識は暗闇を照らす光なんだ。『知らない』ことで見えなかったものを、見えるようにしてくれる。だから、勉強することは魔法なんだよ。

 自分の気持ちを伝えることも、誰かの気持ちを受け取ることも、どちらも大事なことです。伝えなけえればわからない。わからないから誤解が生まれる。わからないから、なかったことにされてしまう。

 理緒ちゃんのことをいろいろ心配するうちに、朱里ちゃん自身の問題も少しずつわかってきました。子どもと大人の間にいる今だから、いろんなことを勉強しなけりゃいけないんだなということも、もっと素直に聞くことも大事だなということも、話す前にあきらめるなんてしちゃだめだっていうこともね。

 大人の身勝手で子どもが傷ついてしまうことも、その子が大人になってから、同じことを繰り返してしまうかもしれないこと。そういう負の連鎖を招かないためにも、この本は大人が読んだ方がいい本じゃないかしらと思うのです。

 

#りぼんちゃん #NetGalleyJP

2144冊目(今年164冊目)

« 『師匠!』 内海桂子 | トップページ | 『天使と悪魔のシネマ』 小野寺史宜 »

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『師匠!』 内海桂子 | トップページ | 『天使と悪魔のシネマ』 小野寺史宜 »