ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『フジモトマサル傑作集』 フジモトマサル | トップページ | 『ぼくは勉強ができない』 山田詠美 »

『お江戸豆吉 のろいまんじゅう』 桐生環 野間与太郎

お江戸豆吉 のろいまんじゅう

桐生環(きりゅう たまき) 作

野間与太郎(のま よたろう) 絵

フレーベル館

NetGalleyJP

 若旦那と豆吉さんの菓子屋は「薄もち大福」と「けんか餅」がおいしいとご近所で評判の店です。ところが、この店のまんじゅうが「のろいまんじゅうだ!」という噂がたってしまったのです。読売(瓦版)の記事にまでなってしまって、営業妨害も甚だしいと若旦那も豆吉も怒っています。

 今回登場したのは、気の弱い絵師の留次郎さん。留次郎さんの幼なじみだという一玄和尚さん。小坊主の栄祥さん。

 特に一玄和尚さんが、留次郎さんを叱るときのべらんめえ口調が、普段の真面目なお坊さんの話し方とまるで違うところが面白いです。そして、それを面白そうに聞いている栄祥さんの、実はやんちゃなところが可愛いんです。

 豆吉さんも栄祥さんも、自分の師匠を尊敬しています。師匠の足りない部分も分かっていて、それを一生懸命に助けようとしているところが、どちらも健気でいい子たちだなぁって思います。師匠の方もそれをわかっていて、優しく接してくれるところがいいなぁ。

 この騒ぎを収めようということで、みんなで一芝居打つのですが、これは読んでのお楽しみ!髪結いのお竜さんも、お駒ちゃんも、建具屋の辰五郎さんも力を貸してくれました。

 美味しいおまんじゅうを食べながらお読みくださいませ。

#お江戸豆吉のろいまんじゅう #NetGalleyJP

お江戸豆吉 けんか餅

2195冊目(今年215冊目)

« 『フジモトマサル傑作集』 フジモトマサル | トップページ | 『ぼくは勉強ができない』 山田詠美 »

日本の作家 か行」カテゴリの記事

日本の作家 な行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『フジモトマサル傑作集』 フジモトマサル | トップページ | 『ぼくは勉強ができない』 山田詠美 »