ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『活版印刷三日月堂 4 雲の日記帳』 ほしおさなえ | トップページ | 『みつばの郵便屋さん』 小野寺史宜 »

『ヘンテコノミクス』 佐藤雅彦 菅俊一 高橋秀明

ヘンテコノミクス 行動経済学まんが

佐藤雅彦(さとう まさひこ)・ 菅俊一(すげ しゅんいち) 原作

高橋秀明(たかはし しゅうめい) 画

マガジンハウス

 わたしたちがお金を使う時、本人の自覚としては、それが安いとか、ずっとそれが欲しかったのだと思ってますけど、実は自分では気が付かない心理が働いています。この本では、その心理をわかりやすく説明してくれています。

 例えばポテトチップスを買おうとしたときに、「これまでの90%の油を使用しています」というのと、「これまでより油の使用量を10%減らしています」という説明があったとして、どちらが買う人に訴える力があるでしょう?言っていることは同じだけれど、「減らしている」という言葉が含まれている方が、「そうか、油が少ないんだ!」と理解しやすいんです。

 通販などでも「お買い上げ○○円以上なら送料無料になります」というような表示もよく見ますよね。その額をクリアするために余計なものを買ってしまうということ、ありませんか?

 一見お得にみえて、それってホントにお得なの?ということが世の中にはたくさんあります。それを考えないで「あらお得、コスパがいい」なんて散財してしまっていませんか?

 別にそれを買わなくったって困らないとか、今買わなくてもいいとか、冷静にならないといけないんだけど、購買意欲を刺激する戦略にまんまとはまってしまうから、気が付いたら家の中にいらないものがいっぱい溜まってたということになってしまうんです。

 

 でも、思い込みをさせる戦略は悪いことばかりではありません。これをうまく利用すれば勉強するモチベーションになったり、困ったことを止めてもらうことができたりもします。

 新しい思い込みをすることで古い思い込みを解除できれば、これまで無理だと思っていたことができたり、何かに固執する必要がないということに気付けたりします。

 これまで信じていたことがただの思い込みだったと気付くヒントをたくさん与えてくれる本でした。

2284冊目(今年304冊目)

 「科学道100冊2021」に挑んでみる!?に参加しています。

« 『活版印刷三日月堂 4 雲の日記帳』 ほしおさなえ | トップページ | 『みつばの郵便屋さん』 小野寺史宜 »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

日本の作家 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『活版印刷三日月堂 4 雲の日記帳』 ほしおさなえ | トップページ | 『みつばの郵便屋さん』 小野寺史宜 »