ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『ムーンライト・イン』 中島京子 | トップページ | 『HEATBEAT』 小路幸也 »

『人のセックスを笑うな』 山崎ナオコーラ

人のセックスを笑うな

山崎ナオコーラ(やまざき なおこーら)

河出文庫

第41回文藝賞 受賞作
芥川賞候補

・人のセックスを笑うな

 美術専門学校に通う19歳のオレと、そこの講師で39歳のユリは恋人だ。

はっきり言って、オレは非常事態のときに力強く生き残る自信がある。ユリはまごまごするだけだろう。そういうとき、オレの方がしっかりしているだろう。オレはそんなユリを守ることができるだろう。

 年上だけど絵を描くこと以外なんにもできないユリ。シワもあるし、スタイルがいいわけでもないし、おまけに亭主までいるけど、そんなユリが好きなんだという気持ちが溢れている。就職のことも考えなければならない時期だというのに、そんなこと後回しでいいと思ってしまうくらい彼女のことが好きなんだ。

 恋って、そういうものだよね。理屈じゃないよね。「わたしの理想の人はこんな人」なんて他人は言うけれど、好きになっちゃったらそんなことどうでもよくなるんだよね。

 

・虫歯と優しさ

 川西さんはピンクのスカートが似合う子で、恋人の伊東さんはいつも「きみは可愛い」って言ってくれる。今日は親知らずが痛くなって歯医者さんで治療してもらっている。

 

 なんだか不思議なくらい、すぅっと読めてしまう文章にビックリ!

 人を好きになるみずみずしい気持ちに溢れていて、とても心地よいのです。将来設計とか、お金がとか、世間体がとか、そんなこと一切考えずに突っ走れるのが恋だよね。人間っていつまでたっても大人になれないもんなんだよなぁ、だけど若い時のひたむきさは年とともになくなってしまうから、若さゆえのパワーに心惹かれるんだなって思うのです。

2340冊目(今年39冊目)

« 『ムーンライト・イン』 中島京子 | トップページ | 『HEATBEAT』 小路幸也 »

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

文学賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ムーンライト・イン』 中島京子 | トップページ | 『HEATBEAT』 小路幸也 »