ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『夜をあるく』 マリー・ドルレアン | トップページ | 『私の家では何も起こらない』 恩田陸 »

『雌犬』 ピラール・キンタナ

雌犬 La perra

ピラール・キンタナ Pliar Quintana

国書刊行会

NetGalleyJP

☆2018年コロンビア・ビブリオテカ小説賞受賞
☆2019年英国PEN翻訳賞受賞
☆2020年全米図書賞翻訳部門最終候補
☆RT Features制作による映画化決定!!

 ダマリスは結婚していたが、子どもがいないまま40歳を迎えていた。自分も夫も医者に行った、祈祷もしてもらった、でも子供はできなかった。子どもを産めない自分は不良品であるような気持ちで毎日を過ごしていた。

 ある日、まだ生まれて6日目の雌犬をもらうことになった。まだミルクを自力で飲めない子犬に必死でミルクを飲ませ、寒くないように温め、気がついたらその雌犬の母親のように働いていた。

 

 その雌犬を溺愛する自分にビックリし、でも不思議な充実感を感じているダマリス。夫とも町の人たちとも、どこか距離感を感じつつ生きてきた彼女にとって、雌犬は生きがいであり、自分のすべてだったのかもしれない。

 だから、この雌犬が家から逃げた時の衝撃は大きかったのです。これまでに経験したことのない驚き、怒り、悲しみが押し寄せてきて、自分にこんな感情があるということを初めて知ったのでしょう。

 

 自分の中に持ち続けてきたモヤモヤしたものを、雌犬に対する愛情で埋めてきたはずなのに、それがなくなってしまったら、この気持ちをどうすればいいのかわからない!

 その気持ちはとてもよくわかるし、とてもよくわからない。

 彼女はこの後、どうやって生きていくのかしら?

 それとも、もう生きている意味はないと考えるのかしら?

#ピラールキンタナ #NetGalleyJP 

2410冊目(今年109冊目)

« 『夜をあるく』 マリー・ドルレアン | トップページ | 『私の家では何も起こらない』 恩田陸 »

海外 小説」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『夜をあるく』 マリー・ドルレアン | トップページ | 『私の家では何も起こらない』 恩田陸 »