ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『かげろうのむこうで 翔の四季 夏』 斉藤洋 | トップページ | 『みらいのえんそく かざんのしまへ』 ジョン・ヘア »

『黄色い星』 カーメン・アグラ・ディーディ

黄色い星

カーメン・アグラ・ディーディ 文
Carmen Agra Deedy

ヘンリー・ソレンセン 絵
Henri Sorensen

那須田淳(なすだ じゅん) 訳

BL出版

ヨーロッパを支配するナチスドイツに抵抗していたデンマークで、ナチスから「ユダヤ人は全員黄色い星をつけなければならない」という命令が下った。デンマークの国王は、人びとを守るために何ができるか考え…。(書籍紹介より)

 デンマーク国王は、本当に国民を愛する人でした。毎朝馬に乗って町の中を歩き、みんなと挨拶を交わしていました。そして、みんなが元気に暮らしているのを見て、幸せを感じる人でした。

 第二次世界大戦になって、ナチスドイツがデンマークに侵攻してきました。ドイツと比べればデンマークは小さな国です。ナチスドイツの言うことはすべて、絶対に聞かなければならない「命令」だったのです。

 

 ユダヤ人を排斥しようとしたナチスは、侵略したすべての国で「ユダヤ人は黄色い星をつけること」「ユダヤ人の家にはダビデの星のマークを書くこと」を命令したのです。ユダヤ人とそれ以外の人を区別することで、ユダヤ人排斥をやりやすくしようとしていたのです。

 デンマーク国王の決断は、とても勇気のいることでした。でも、彼にとってのデンマーク国民とはユダヤ人かどうかが問題ではありませんでした。すべてのデンマーク人の命を守ること、それが彼にとって一番大事なことだったのです。

 

 世界中で紛争がなくならないのは、本当に悲しいことです。自分が気に入らない相手のことなら攻撃してもいいと考える「人間の業」は実に愚かです。

 それに対抗できるのは、このデンマークの王様が示したような「愛と勇気」しかありません。

 とはいっても、今起きている戦争の現実を見ると、それだけでは対抗しきれないのかなとも思ってしまうのです。

 

 読友さんのレビューを読んで、この本を読んでみようと思いました。今の時期だからこそみんなに読んでもらいたい本だと思います。

2402冊目(今年101冊目)

« 『かげろうのむこうで 翔の四季 夏』 斉藤洋 | トップページ | 『みらいのえんそく かざんのしまへ』 ジョン・ヘア »

海外 児童文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『かげろうのむこうで 翔の四季 夏』 斉藤洋 | トップページ | 『みらいのえんそく かざんのしまへ』 ジョン・ヘア »