ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『さよならの向う側 i love you』 清水晴木 | トップページ | 『東京の古本屋』 橋本倫史 »

『本おじさんのまちかど図書館』 ウマ・クリシュナズワミー

本おじさんのまちかど図書館
Book unkle and me

ウマ・クリシュナズワミー 作
Uma Kurishunazuwamii

長友恵子(ながとも けいこ)訳

フレーベル館

NetGalleyJP

 ヤズミンは本を読むのが大好きなインドの女の子です。本おじさんの「まちかど図書館」で毎日本を借りるのが楽しみで、毎日1冊ずつ読むと決めています。

 

「ぴったりの日に、ぴったりの人に、ぴったりの本をね。知ってるだろう?それがわたしのこだわりなんだ」
本おじさんの言うとおりだ。本おじさんは、いつも、ぴったりの日にぴったりの本をわたしに選んでくれていた。(本文より)

 今日、本おじさんが渡してくれた本はいつもの本よりずっと薄いのに、意味がよく分からないんです。学校の授業も、家族とのごはんのときも、それが気になってしまってしょうがないんです。

 

 本おじさんはボランティアで図書館を開いています。大きな通りの交差点で本を並べていて、誰にでも無料で本を貸してくれるし、その人にぴったり合った本を薦めてくれます。本おじさんのおかげで、良い本を読んで、仕事を見つけることができた人もいるくらいなんです。

 なのに、本おじさんの図書館が立ち退かなければならないって連絡が市役所から届いて、「まちかど図書館」がなくなってしまいそうです!ヤズミンは、それは困るって思いました。いろんな人に相談してみましたが、そうだねってみんな言ってくれるけど、解決策は見つかりません。

 この間、本おじさんに貸してもらった本のことを思い出したら、ひらめくことがありました。

 そして、ヤズミンは決めたのです、わたしたちの力で本おじさんの図書館を守ろうと!

 

 ヤズミン、がんばれ!

 本おじさん、ありがとう!

 

#本おじさんのまちかど図書館 #NetGalleyJP

2435冊目(今年134冊目)

« 『さよならの向う側 i love you』 清水晴木 | トップページ | 『東京の古本屋』 橋本倫史 »

海外 児童文学」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『さよならの向う側 i love you』 清水晴木 | トップページ | 『東京の古本屋』 橋本倫史 »