ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『東京の古本屋』 橋本倫史 | トップページ | 『放送作家ほぼ全史 誰が日本のテレビを創ったのか』 太田省一 »

『BLACK JACK 1』 手塚治虫

BLACK JACK(ブラック・ジャック)1

手塚治虫(てづか おさむ)

秋田書店

 「ビブリア古書堂の事件手帖 5 栞子さんと繋がりの時」で「ブラック・ジャック」が取り上げられていたので気になって読んでみました。

 

 「医者はどこだ!」はブラック・ジャックの優しさを感じました。

 ピノコちゃんが誕生する「畸形嚢腫」、これと似たようなストーリーを別の作品で読んだことがあって、手塚さんにとって気になる症例なのかなと思いました。

 「ブラック・クイーン」は「Docter-X」の大門さんの原型だよねぇって気がします。

 そして、「アリの足」は、ブラック・ジャックという人の原点なのかなぁ。ああ見えて努力の人なんだもの。

 

 ブラック・ジャックは、みんなからとんでもない奴と思われているみたいだけど、実は優しい人なのよね。ピノコちゃんがあんなにも「だいちゅき~」っていうのは、そういうところをちゃんと見ているからなんだろうなぁ。

 ブラック・ジャックの人間味を、いろいろな場面で感じたのでした。

 そして、手塚先生の奥様、悦子さんの「あとがき」はとても心に残るものでした。

 

・医者はどこだ!
・春一番
・畸形嚢腫(きけいのうしゅ)
・人面瘡
・ときには真珠のように
・めぐり会い
・絵が死んでいる!
・六等星
・ブラック・クイーン
・U-18は知っていた
・アリの足
・二つの愛

2437冊目(今年136冊目)

« 『東京の古本屋』 橋本倫史 | トップページ | 『放送作家ほぼ全史 誰が日本のテレビを創ったのか』 太田省一 »

コミックス」カテゴリの記事

日本の作家 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『東京の古本屋』 橋本倫史 | トップページ | 『放送作家ほぼ全史 誰が日本のテレビを創ったのか』 太田省一 »