ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『まっとうな人生』 絲山秋子 | トップページ | 『BLACK JACK 4』 手塚治虫 »

『蜜蜂と遠雷 下』 恩田陸

蜜蜂と遠雷 下

恩田陸(おんだ りく)

幻冬舎文庫

 第一次予選には100名ほどのエントリーがあり、その中から24名が第二次予選に進みました。(ここまでが上巻

 ここで更に絞られた12名が第三次予選で、一人1時間の持ち時間で自由に曲を選び、演奏します。作品中でも語られますが、演奏者が大変なのはもちろんですが、審査員たちはこれをすべて聞き、点数をつけていくわけです。これは体力的にも精神的にも大変な作業で、審査員の方々も特別な力を持った人たちなのだなと感じました。

 そして最後の本選は6名の演者がオーケストラをバックに演奏するのです。第三次予選まではピアノのみの演奏ですから、演者自身の自由度が高いのですが、オーケストラとの協奏曲ということになると、また別の才能、技術、メンタリティが必要なのです。

 彼らが演奏する曲目をYoutubeで探して聞いてみると、恩田さんの文章の見事さに再度驚いてしまうのです。

 小説という文字だけの表現で、どうしてこんなにも引き込まれ、緊張感や臨場感を感じるのでしょうか?

 ああ、素晴らしい!

2457冊目(今年156冊目)

« 『まっとうな人生』 絲山秋子 | トップページ | 『BLACK JACK 4』 手塚治虫 »

音楽が聞こえてくる本」カテゴリの記事

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『まっとうな人生』 絲山秋子 | トップページ | 『BLACK JACK 4』 手塚治虫 »