ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『父と私の桜尾通り商店街』 今村夏子 | トップページ | 『スケッチジャーナル 自分の暮らしに「いいね!」する創作ノート』 ハヤテノコウジ »

『偉い人ほどすぐ逃げる』 武田砂鉄

偉い人ほどすぐ逃げる

武田砂鉄(たけだ さてつ)

文芸春秋

 「近畿財務局の文書改竄問題」「医学部入試で女性と浪人回数が多い受験生が不当に扱われた問題」のように、問題が発覚した段階にはあんなにも大騒ぎしたのに、その後忘れ去られてしまうことが多いのは何故なんだろう?という疑問があります。とりあえずの答えは出ても、本質的な回答も結論もないままにうやむやになってしまうことが、どうしてこんなに多いのでしょうか?

 

オリンピックの陸上競技の開催には、選手がウォーミングアップするためのサブトラックが必要になるが、改修案では競技場の地下に常設のサブトラックが作られる予定になっていた。新国立競技場にはサブトラックはなく、オリンピック・パラリンピック期間中は、聖徳記念絵画館近くの軟式野球上に仮設のサブトラックを設置して対応するが、終了後には原状回復したうえで撤去されてしまう。つまり、オリンピック以降は大規模の陸上大会が開けなくなってしまうかもしれない。p156

 これが気になって調べてみたら、こんな記事がみつかりました。

2025年の世界陸上選手権開催を目指す日本陸連が、昨年の東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなった国立競技場で世界選手権をはじめとする国際大会などを実施できるようにルール改正していた。

 「五輪を開催した陸上競技場は、補助競技場を欠く場合であっても、第1種公認陸上競技場とすることができる」、つまりサブトラックがなくてもいいということにしちゃったんですって!

 おいおい、そんなこと決めたって、陸上競技会を行うにはサブトラックが必要なんだから、また仮設のサブトラックを作るっていうの?また税金の無駄遣いをするの?

 

 こんなことばかりが横行する日本を動かしているのは誰なんですか?国債という多額の借金を抱えて、防衛費も増やしたい、まだ新幹線や高速道路を増やしたい、そのくせ年金はそっと減額してしまう。

 日本の偉い人たちは、未来の日本のことなんてちっとも考えてないんだろうなぁ!

第1章 偉い人が逃げる ―忘れてもらうための政治
第2章 人間が潰される ―やったもん勝ち社会
第3章 五輪を止める ―優先され続けた祭典
第4章 劣化する言葉 ー「分断」に逃げる前に
第5章 メディアの無責任 ―まだ偉いと思っている

 砂鉄さんはずっと怒りまくっていますが、そりゃそうですよね。「これは変じゃないですか?」という質問にまともに答えてくれないだけでなく、「LGBTについて”馬鹿らしくて詳細など知るつもりもない”」なんてことを平気でいう人が大手を振って生きて行けちゃう世の中なんてイヤですよ、わたしだって!

2489冊目(今年188冊目)

« 『父と私の桜尾通り商店街』 今村夏子 | トップページ | 『スケッチジャーナル 自分の暮らしに「いいね!」する創作ノート』 ハヤテノコウジ »

日本の作家 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『父と私の桜尾通り商店街』 今村夏子 | トップページ | 『スケッチジャーナル 自分の暮らしに「いいね!」する創作ノート』 ハヤテノコウジ »