ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『団地のふたり』 藤野千夜 220 | トップページ | 『人生ってなんだ』 鴻上尚史 222 »

『お江戸豆吉 風雷きんとん 』桐生環 221

お江戸豆吉 風雷きんとん

桐生 環(きりゅう たまき)作

野間与太郎(のま よたろう)絵

フレーベル館

NetGalleyJP

 お客様の佐太郎さんのところへお団子を届けた帰り道、豆吉はスリにあってしまい、お金を取られた上にケガまでしてしまいました。豆吉は悔しくて犯人の男の子を捜し、見つけることはできたのですが、その子(こうちゃん)は男の子の格好はしていたけれど、実は女の子でビックリ!

 

 今回も、ご近所のみなさんの親切なおせっかいが始まります。こうちゃんに、スリなんかしてちゃダメだよ、手先の器用さがあるんだから、手品を習ってはどうだろうということになりました。

 いつものように、若旦那も、髪結いのお竜さんも、お駒ちゃんも、建具屋の辰五郎さんも、みんな口は悪いけど気持ちがまっすぐな人ばかり、今回登場した二人のおじいさんたちも、あわやというところで機転を利かせてくれて、結局みんな「こうちゃん」のことを真剣に考えてくれていたんですねぇ。

 今回若旦那が作ってくれた「きんとん」というお菓子、これもまたおいしそうですねぇ。

Kinton

 

 これからもまだまだ修行だという若旦那、その若旦那を信じてついて行く豆吉、彼らのお店はきっと繁盛し続けていくのでしょうね。

 

#お江戸豆吉風雷きんとん #NetGalleyJP

 

お江戸豆吉 けんか餅

お江戸豆吉 のろいまんじゅう

2522冊目(今年221冊目)

« 『団地のふたり』 藤野千夜 220 | トップページ | 『人生ってなんだ』 鴻上尚史 222 »

日本の作家 か行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

日本 児童文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『団地のふたり』 藤野千夜 220 | トップページ | 『人生ってなんだ』 鴻上尚史 222 »