ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『看守の流儀』 城山真一 327 | トップページ | 『いつでも引き寄せの法則』 エスター・ヒックス、ジェリー・ヒックス 329 »

『カステラアパートのざらめさん』 島村木綿子 328

カステラアパートのざらめさん

島村木綿子(しまむら ゆうこ)作

コマツシンヤ 絵

NetGalleyJP

第30回小川未明文学賞 大賞受賞作品

 小学4年生のこのみとお母さんは、拾った子猫を飼うために引越しをしました。引越し先のアパートは、クリーム色の壁にこげ茶色の平らな屋根で、まるでカステラのように見えたんです。近所の子ども達はここを「カステラアパート」と呼んでいるんだと不動産屋のおじさんに教わって、このみはすっかりこのアパートが気に入ってしまいました。

 ここの大家さんに会ってOKを貰わないといけないんだけど、ちょっと変わった人だと聞いていて、ちょっと不安なこのみでした。

 大家さんは「さらめ」さんという名前なんだけど、このみは間違えて「ざらめ」さんと呼んでしまって、「しまった」怒られるかと思ったら、「ざらめさん」と呼んでいいよって言われて、このアパートで暮らせることになったんです。

 

Kasutera

 4部屋しかないアパートだけど、それぞれが可愛い動物と暮らしているのがとてもいいですねぇ。オシャレでペットを飼ってるんじゃなくて、大事な家族として一緒に暮らす人だと認めた人しかこのアパートに住まわせない大家さんがステキです。

 熱を出してしまって外出できないので、愛犬の散歩をお隣の方に頼んだり、行方不明になった猫をみんなで探しに行ったり、アパートの人みんなが家族みたいな感じです。こういう付き合い方ができるのっていいなぁ。

 ざらめさんの秘密も気になるけど、カステラアパートの存在がいいですよね。こんなところに住んでみたいなぁ。

#ジュニア文学館カステラアパートのざらめさん #NetGalleyJP

2629冊目(今年328冊目)

« 『看守の流儀』 城山真一 327 | トップページ | 『いつでも引き寄せの法則』 エスター・ヒックス、ジェリー・ヒックス 329 »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『看守の流儀』 城山真一 327 | トップページ | 『いつでも引き寄せの法則』 エスター・ヒックス、ジェリー・ヒックス 329 »