ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『からさんの家 まひろの章』 小路幸也 332 | トップページ | 『これからの時代を生き抜くためのジェンダー & セクシュアリティ論入門』 三橋順子 334 »

『からさんの家 伽羅の章』 小路幸也 333

からさんの家 伽羅の章

小路幸也(しょうじ ゆきや)

徳間書店

 前作はまひろさん視点の物語でしたけど、こちらは伽羅(から)さん目線の物語。 

 70代の伽羅さんにとって、家に同居している人たちは祐子さんが娘くらい、後の3人は孫くらい歳が離れているから、それがいいのかもしれません。若い人たちは新しいことを教えてくれるし、ちょっとした頼み事にもフットワークがいいしね。

 逆に、長く生きてきた伽羅さんの経験から出た言葉が若い人たちにとって役に立つこともあるし。

 

 歳を取って来ると、同じような年代の人とばかり付き合う人が多いけど、それだとどうしても同じような話ばかりしてしまいます。だから、若い人と話をする機会が多いというのはとても大事なことだと思います。

 

 この家で暮らす人たちは、血はつながっていないけど、みんな家族のような気持ちで暮らしています。それぞれに夢があって、いろんなことを考えています。何かあったときには相談し合うし、ちょとしたことを手伝ったり、こういう関係ってとてもいいなと思うのです。

2995冊目(今年333冊目)

« 『からさんの家 まひろの章』 小路幸也 332 | トップページ | 『これからの時代を生き抜くためのジェンダー & セクシュアリティ論入門』 三橋順子 334 »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『からさんの家 まひろの章』 小路幸也 332 | トップページ | 『これからの時代を生き抜くためのジェンダー & セクシュアリティ論入門』 三橋順子 334 »