ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『百鬼園随筆』 内田百間 322 | トップページ | 『気がついたらいつも本ばかり読んでいた』 岡崎武志 324 »

『君と過ごした、さよならの季節』 水瀬さら 323

71qvzvxw6l_sy466_

君と過ごした、さよならの季節

水瀬さら(みなせ さら)

マイクロマガジン社 ことのは文庫

NetGalleyJP

 瑛太は野球部だったのだけど、たった一つのエラーがきっかけで野球から遠ざかってしまいました。放課後暇を持て余した彼は、偶然に古びた図書館を見つけ、そこで栞里(しおり)という女の子と友達になりました。彼女と一緒に本を読んでいる時間はとても楽しかったのです。でも彼女が図書館へ現れるのは雨の日だけ、何故と聞いても答えてくれません。

 野球部のマネージャーからは「戻ってくるのを待ってるから」と言われているけれど、チームメイトと顔を合わすのが怖いんです。家では、暇があるなら家のことを手伝えと姉さんから言われるけど、それもあんまりやりたくないし、逃げるように毎日図書館へ通う日々でした。

 自分がどうしたいのか、どんな気持ちでいるのか、うまく言葉にできないもどかしさが瑛太をかたくなにさせてしまっているのかな。表現は下手でもいいから、誰かに言えたら楽なのにね。だから栞里のようにさりげなく付き合ってくれる人の存在が大事だったのでしょう。

 

第一章 君のいる図書館
第二章 君を知りたい
第三章 君は誰?
第四章 君に読む物語
第五章 君の一番好きな本
第六章 君と青空
エピローグ

 嫌なことから逃げようとすればするほど、嫌なことが増えていくということに、瑛太は気付けるのかな?と思いながら読み続けたのですが、どうやら彼は何とかなりそうです。

 仲の良い友達がいるし、瑛太には明日があるんだって、教えてくれたのは栞里でした。これが初恋だったのかなぁ?

#君と過こしたさよならの季節 #NetGalleyJP

2985冊目(今年323冊目)

« 『百鬼園随筆』 内田百間 322 | トップページ | 『気がついたらいつも本ばかり読んでいた』 岡崎武志 324 »

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『百鬼園随筆』 内田百間 322 | トップページ | 『気がついたらいつも本ばかり読んでいた』 岡崎武志 324 »