ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『わたしが少女型ロボットだったころ』 石川宏千花 365 | トップページ | 『メメンとモリ』 ヨシタケシンスケ 1 »

2023年を振り返って(読書篇)

○フィクション

Kobiki
Naruse
サエズリ図書館のワルツさん 1
アーモンド
貸本屋おせん

81b92mxwmel_sy522_

 2023年に読んだ中で特に面白かった小説は、「木挽町のあだ討ち」と「成瀬は天下を取りにいく」でした。成瀬はもうすぐ続編がでるということでとても楽しみにしています。そして、最近江戸時代の設定の物語で面白いものが増えているなと思います。今年はその辺が増えてきそうかなと思っています。 

○ノンフィクション

黒い海
リハビリの夜
おもかげ復元師

プロレス深夜特急

 ノンフィクションは、想像の遥か上を行く話ばかりで、ドキドキしながら読む本が多いし、世界には私の知らないことがまだまだたくさんあるんだなと教えてくれる大事なジャンルです。

 

○児童書

一年一組 せんせいあのね こどものつぶやきセレクション

Jijituha

 児童書って、可愛いばかりじゃないんです。子どもの目から見た世界は不思議なことばかりで、大人にという鈍感な生き物にショックを与えてくれます。

 2024年も、もっともっと面白い本をたくさん読みたいなぁ!

« 『わたしが少女型ロボットだったころ』 石川宏千花 365 | トップページ | 『メメンとモリ』 ヨシタケシンスケ 1 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『わたしが少女型ロボットだったころ』 石川宏千花 365 | トップページ | 『メメンとモリ』 ヨシタケシンスケ 1 »