ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『正義の味方が苦手です』 古市憲寿 30 | トップページ | 『勝間式 超ロジカル家事』 勝間和代 32 »

『お探し物は図書室まで』 青山美智子 31

Osagasimonoha

お探し物は図書室まで

青山美智子(あおやま みちこ)

ポプラ文庫

2021年本屋大賞 第2位

米『TIME』誌「2023年の必読書100冊」に選出
英題:What You Are Looking For Is in the Library

 町のコミュニティハウスの中に図書室があります。ここのリファレンスコーナーに司書の小町さゆりさんがいます。彼女の「何をお探し?」という問いかけに、それまであれこれ言いわけを考えていたのに、素直に思っていたことを答えてしまうのは何故なのかしら?そして、彼女が教えてくれた本のリストの中には、必ず1冊不思議な本が混ざっているのです。その本がその人に何かを気づかせてくれるのです。

 そして、本の付録として小町さんが手渡してくれる羊毛フエルトの小さなものが、とても愛おしいものになってくるのも不思議です。

この5篇が収められています。

一章 朋香 21歳 婦人服販売員 フライパン
二章 涼  35歳 家具メーカー経理部 猫
三章 夏美 40歳 元雑誌編集者 地球
四章 浩弥 30歳 ニート 飛行機
五章 正雄 65歳 定年退職 カニ

 小町さんのような司書さんがいる図書室、一度行ってみたいです。そして、司書補ののぞみちゃんとも話をしてみたいなぁ。

 本は人生を楽しくしてくれるし、時には人生を変えてくれる。その橋渡しをする司書のお仕事は、とてもステキです。

3057冊目(今年31冊目)

« 『正義の味方が苦手です』 古市憲寿 30 | トップページ | 『勝間式 超ロジカル家事』 勝間和代 32 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『正義の味方が苦手です』 古市憲寿 30 | トップページ | 『勝間式 超ロジカル家事』 勝間和代 32 »