ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『オーケストラの職人たち』 岩城宏之 28 | トップページ | 『正義の味方が苦手です』 古市憲寿 30 »

『たいせつなこと』 マーガレット・ワイズ・ブラウン 29

Importantbook

たいせつなこと
The Important Book

マーガレット・ワイズ・ブラウン さく
Margaret Wise Brown

レナード・ワイスガード 絵
Leonard Weisgard

うちだややこ(内田也哉子) 訳

フレーベル館

米国

 りんごが赤いとか、空が青いとか、わたしたちは何かのことを、ぱっと見た姿でしか評価していないことが多いんじゃなかしら。

 りんごを触ってみたらツルツルしてるよね。においをかいでみるといい香りがする。かじったらサクッと音がするし、果実は甘い。知れば知るほど評価は変わる。

 でもね、りんご自身にとって大切なことって、そういうことじゃないのかもしれない。熟したら木から落ちたり、鳥に食べられたりして、実の真ん中に入っているタネがどこかで土の中に撒かれて、そこで芽を出すためにああいう形やにおいをしてるのかもしれない。

 

 世の中にはいろんなものがあって、いろんな植物がいて、いろんな生物がいて、いろんな人がいて、それぞれ何かのために生きているんだけど、それを理解できない人に邪魔されたり、理解されなかったりすることがたくさんある。

 だからね、これだけは忘れないで欲しい。

 

「あなたにとってたいせつなのは あなたがあなたであること」

3055冊目(今年29冊目)

« 『オーケストラの職人たち』 岩城宏之 28 | トップページ | 『正義の味方が苦手です』 古市憲寿 30 »

海外 児童書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『オーケストラの職人たち』 岩城宏之 28 | トップページ | 『正義の味方が苦手です』 古市憲寿 30 »