ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『恐怖の正体』 春日武彦 25 | トップページ | 『れんげ野原のまんなかで』 森谷明子 27 »

『水歌通信』 くどうれいん、東直子 26

Mizuuta

水歌通信

くどうれいん

東直子(ひがし なおこ)

左右社

すけすけのエレベーターに乗る時は無口になるよ透けたくなくて

 エレベーターでは何故みんな寡黙になってしまうのか?をこんな風に詠まれるのって面白い。今度ガラス張りのエレベーターに乗ったら、しゃべっている人がいるかどうか確認しなくっちゃ、なんて思ってしまう。

 わたしはいつも外の景色を見たくてガラスのそばへ行こうとするけれど、せっかく透明なエレベーターなのに外を見ようともしない人が大勢いるのは何故なのかしら?

 ガラス越しに景色を眺めていると、普段気がつかないものが見えたり、人の流れたアリさんみたいに見えたりして楽しいのにね。

 

わたしがまともなせいであなたはへんになりへんでまともなわたしが残る

 人との関係って複雑よね。相手のペースに合わせるのが大変なこともあるし、自然と合っちゃう人もいるし。何かが嫌だって言って、わかってくれる人もいればわからない人もいる。ケンカして仲良くなる人もいるし、何も話さずに別れちゃう人もいる。それをこんな風に短い言葉で言い表せる短歌って凄いなって思う。

 

 短歌と短文という組合せでできているこの本には、不思議な魅力がある。

3052冊目(今年26冊目)

« 『恐怖の正体』 春日武彦 25 | トップページ | 『れんげ野原のまんなかで』 森谷明子 27 »

日本の作家 か行」カテゴリの記事

日本の作家 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『恐怖の正体』 春日武彦 25 | トップページ | 『れんげ野原のまんなかで』 森谷明子 27 »