ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『ギフテッドの光と影』 阿部朋美、伊藤和行 19 | トップページ | 『十年屋 5 ひまな時もございます』 廣島玲子 21 »

『湯治場のぶたぶた』 矢崎存美 20

Toujibabuta

湯治場のぶたぶた

矢崎存美(やざき ありみ)

光文社文庫

 心や身体が疲れてしまった人たちが、湯治場へやって来ます。ここでノンビリして、少しでも元気になって帰りたいと思っています。

 「里沼温泉」という旅館を訪れた人は、ここのオーナーにあってビックリするのです。だって、オーナーはぶたぶたさんなんですもの!

 最初はピンクのぶたのぬいぐるみがしゃべるなんて、自分はやっぱり具合が悪いのか?なんて悩む人もいますけど、話をしているうちに「ああ、こういう人(ぶた)もいるんだ」という気持ちになってくるんです。

 温泉に入って、おいしいごはんを食べて、裏山を散歩したり、ぶたぶたさんに話を聞いてもらったり。

 いいなぁ、わたしも行ってみたいなぁ、こんなところで1ヶ月くらいノンビリしたいなぁ。

 

 表紙のぶたぶたさんが持つカゴに入っているのはビワです。このまま食べてもおいしいけど、ぶたぶたさんが作ってくれるコンポートはもっとおいしいのでしょうね。

 

・最初の一歩
・特別室
・ひそやかな告白

3046冊目(今年20冊目)

« 『ギフテッドの光と影』 阿部朋美、伊藤和行 19 | トップページ | 『十年屋 5 ひまな時もございます』 廣島玲子 21 »

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ギフテッドの光と影』 阿部朋美、伊藤和行 19 | トップページ | 『十年屋 5 ひまな時もございます』 廣島玲子 21 »