ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『タラブックス』 野瀬奈津子、松岡宏大、矢萩多聞 35 | トップページ | 『我慢して生きるほど人生は長くない』 鈴木裕介 37 »

『十年屋 6 見習いのお時間です』 廣島玲子 36

10nenya6

十年屋 6 見習いのお時間です

廣嶋玲子(ひろしま れいこ)

佐竹美保(さたけ みほ)絵

静山社

 見つけ屋のミンネさんが十年屋さん連れてきたのは、小さなネコでした。名前はミツ、まだ生まれて間もないようです。ミンネさんはこの子がすばらしい使い魔になると思ったのです。だから、この子をしっかりと育ててくれるのは、十年屋さんのカラシちゃんしかいないと思ったんです。初めて会った時からカラシちゃんと十年屋さんはミツのことが気に入りました。

 十年屋さんには、相変わらずいろんなものを預かってもらいに来る人がいます。大事な思い出があるもののときもありますけど、もらったけど困ったなぁと思う物もあるのです。どんなものであっても十年屋さんは預かってくれます。十年経つ前に取りに来る人もいますけど、約束の日を忘れてしまう人もいるから、十年屋さんはお知らせをくれます。そうなったのは秘密があるのです。

 そしてもう一つ、カラシちゃんがどうしてここにやって来たのか?の秘密も明かされます。

プロローグ
1 小さな見習い
2 手放したウェディングドレス
3 ひどいしくじり
4 魔法街でのお使い
5 困った贈り物
6 十年後の約束
7 選ばれた魔法使い
エピローグ

3062冊目(今年36冊目)

« 『タラブックス』 野瀬奈津子、松岡宏大、矢萩多聞 35 | トップページ | 『我慢して生きるほど人生は長くない』 鈴木裕介 37 »

日本の作家 は行」カテゴリの記事

日本 児童書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『タラブックス』 野瀬奈津子、松岡宏大、矢萩多聞 35 | トップページ | 『我慢して生きるほど人生は長くない』 鈴木裕介 37 »