ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『なぜ本を踏んではいけないのか』 齋藤孝 48 | トップページ | 『チ。第2集』 魚豊 50 »

『ジョン』 エマニュエル・ブルディエ  49

John

ジョン
John

エマニュエル・ブルディエ
Emmanuel Bourdier

平岡敦(ひらおか あつし)訳

あすなろ書房

NetGalldyJP

フランス

 ジョンの両親が離婚したのは彼が5歳の時。それ以降ジョンは母親ジュリアの姉であるミミおばさんの家で育ちました。ミミおばさんは彼のことを愛していましたけど、両親と暮らすことができないジョンの悲しさを、わかってはいるけれどどうしてやることもできない不器用な人だったのでしょう。

 たまにジュリアに会いに行ける時には、ジョンはたまらなくうれしかったんです。彼女は普通の母親のように説教じみたことは言わないし、音楽が好きでダンスが好きで、気の合う仲間みたいな人でした。

 でも、そんな幸せな時間も長くは続きません。またミミおばさんの家へ帰らないと。

 

 この本を読んでいる間、ずっとジョンの曲「Mother」が頭の中で流れていました。

 "Mother, you left me, but I never left you"

 

 ジョンの音楽の才能は、下宿人のジョンに貸してもらったハーモニカと、ジュリアから生まれたものだったのでしょう。

 ジョンが語る未来をミミおばさんは信じてくれなかったけど、ジョンは諦めなかった。

 つらいけど、この時代があったからこそ、ジョンは羽ばたけたんですよね、きっと。

#ジョン #NetGalleyJP

3075冊目(今年49冊目)

« 『なぜ本を踏んではいけないのか』 齋藤孝 48 | トップページ | 『チ。第2集』 魚豊 50 »

海外 児童書」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『なぜ本を踏んではいけないのか』 齋藤孝 48 | トップページ | 『チ。第2集』 魚豊 50 »