ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『ジョン』 エマニュエル・ブルディエ  49 | トップページ | 『10代のうちに本当に読んでほしい「この一冊」』 河出書房新社編集部 編 51 »

『チ。第2集』 魚豊 50

Ti2

チ。第2集

魚豊(うおと)

小学館 ビッグコミックススピリッツ

 代闘士(決闘を代わりに行う人)として働くオクジーは、とてもネガティブな人間で、空を見上げることすらできません。相棒のグラスは正反対の性格で超ポジティブ。この2人が、第1集でラファウが残した地動説の資料を見つけてしまったのです。

 修道院のバディーニさんも、この資料を見て「宇宙が変わる」と言い始めて、彼らはラファウの意志を継ぐことになるのです。彼も教会の厳しい仕打ちに耐えて生きてきました。だからこそ、これに賭けてみようと思えたのでしょう。

 オクジーは、自分の人生など絶望でしかないと思うままで一生を終えるつもりだったのでしょうが、運命はそうさせてくれません。最後に夜空を見上げた彼は、きっと何かに気づいたはずです。

 だって、空が綺麗だと思えたのですから。

3076冊目(今年50冊目)

« 『ジョン』 エマニュエル・ブルディエ  49 | トップページ | 『10代のうちに本当に読んでほしい「この一冊」』 河出書房新社編集部 編 51 »

コミックス」カテゴリの記事

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ジョン』 エマニュエル・ブルディエ  49 | トップページ | 『10代のうちに本当に読んでほしい「この一冊」』 河出書房新社編集部 編 51 »