ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『ふしぎな図書館とやっかいな相棒 ストーリーマスターズ 3』 廣島玲子 57 | トップページ | 『チ。第3集』 魚豊 59 »

『ふしぎな図書館とてごわい神話 ストーリーマスターズ 4』 廣島玲子 58

Husiginatoshokan4

ふしぎな図書館とてごわい神話

ストーリーマスターズ 4

廣島玲子(ひろしま れいこ)作

江口夏実(えぐち なつみ) 絵

講談社

NetGallyJP

 守は頭のいい子でした。でも先生の間違いを授業中に指摘してしまってからは、すっかり先生からいじめられる子になってしまったのです。同級生たちからも相手にしてもらえなくなり、学校へ行けなくなってしまいました。
 ある日、奇妙な移動図書館バスの中で、守はある物語を直して欲しいと頼まれたのです。そして、書き直してしまったのは、ギリシャ神話でした。

 物語を元に戻して欲しいと言われても、守はかたくなに直そうとはしません。だって、自分が書き直したストーリーの方がいいじゃないと信じていたからです。でも、そういう気持ちを陰から操っていたのは魔王グライモンでした。

 

 ギリシャ神話って、確かに不条理な話が多いですけど、それもまた物語として大事な要素なのです。神々は様々な間違ったことを行ってしまいますけど、そこから様々なことを学ぶことが大事なんですよねぇ。

 

間違いを認めて、正せるのは人間だけ

 守は、大好きな神様から言われたこの言葉を一生忘れないだろうなぁ。

 

プロローグ
第1章 学校での理不尽
第2章 移動図書館での出会い
第3章 イッテンとムーサたち
第4章 化け物がいなくては
第5章 失敗した航海
第6章 消えた英雄
第7章 神々の王ハデス
第8章 元どおり・・・?
魔王グライモンの秘密

 

#合本版ふしぎな図書館シリーズ #NetGalleyJP

3084冊目(今年58冊目)

« 『ふしぎな図書館とやっかいな相棒 ストーリーマスターズ 3』 廣島玲子 57 | トップページ | 『チ。第3集』 魚豊 59 »

日本の作家 は行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

日本 児童書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ふしぎな図書館とやっかいな相棒 ストーリーマスターズ 3』 廣島玲子 57 | トップページ | 『チ。第3集』 魚豊 59 »