ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『ふしぎな図書館とアラビアンナイト ストーリーマスターズ 2』 廣島玲子 56 | トップページ | 『ふしぎな図書館とてごわい神話 ストーリーマスターズ 4』 廣島玲子 58 »

『ふしぎな図書館とやっかいな相棒 ストーリーマスターズ 3』 廣島玲子 57

Husiginatoshokan3

ふしぎな図書館とやっかいな相棒

ストーリーマスターズ 3

廣島玲子(ひろしま れいこ)作

江口夏実(えぐち なつみ) 絵

講談社

NetGallyJP

魔王グライモン。
暴食城の主にして、物語を食い荒らし、世界の図書館の司書、ストーリーマスターたちをおののかせる存在。その食欲は旺盛で、物語をおもしろくさせるカギ、キーパーツを盗みだしては、むしゃむしゃとむさぼりつくしてしまう。

 今回グライモンのターゲットになったのはアンデルセン童話です。修復するのはアンデルセンさん本人なんですけど、これが困った人でねぇ。超ネガティブ男なんですよ。その助手に任命されたのは、いつも元気な「ひなた」です。

 アンデルセンさんの話って、ハッピーエンドじゃないのねって言っただけで機嫌が悪くなってしまうのに、参ったなぁって思いながらも、ひなたはアンデルセンさんの物語の世界に引き込まれてしまいます。

・プロローグ
・第1章 暗い転校生
・第2章 選ばれた相棒
・第3章 傷つきやすい心
・第4章 修復された悲劇
・第5章 人魚姫よ、幸せになれ
・第6章 いじけたアンデルセン
・第7章 現れた敵!
・第8章 アンデルセンの想い
・エピローグ
・グライモンのレシピ帳
・あめのの反省

 アンデルセンさんが描く悲しい物語の秘密が、そこにあったのか!と気づかされた本でした。

 

#合本版ふしぎな図書館シリーズ #NetGalleyJP

3083冊目(今年57冊目)

« 『ふしぎな図書館とアラビアンナイト ストーリーマスターズ 2』 廣島玲子 56 | トップページ | 『ふしぎな図書館とてごわい神話 ストーリーマスターズ 4』 廣島玲子 58 »

日本の作家 は行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

日本 児童書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ふしぎな図書館とアラビアンナイト ストーリーマスターズ 2』 廣島玲子 56 | トップページ | 『ふしぎな図書館とてごわい神話 ストーリーマスターズ 4』 廣島玲子 58 »