ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『忘れながら生きる』 群ようこ 52 | トップページ | 『盲学校でマジックショーを!』 万博 54 »

『工務店の日報』 福田雄一 53

Koumutennonippou

工務店の日報

福田雄一(ふくだ ゆういち)

株式会社コーバ 監修

KADOKAWA

 建築業界って、大工さん、左官屋さん、塗装屋さん、電気屋さん、足場屋さんなどいろんな人の力で成り立っているんですよね。一見怖そうなおじさんが多いですけど、話してみると割と優しい人が多いんです。でも、こだわりが強い人が多いので、そのポイントをはずしてしまうと急におっかなくなる人もいます。

 作業着でホームセンターの商品を見ていると、店の人と間違えられる話とか、左官屋さんが綺麗にコンクリートを敷いたのに、そこに猫の足跡が~!とか、最近はやりのファン付き作業着の注意点とか、いやいや、面白い、面白過ぎます!

 

 そして、このマンガを描いている福田さんがポルトガル在住というのにビックリ!

 今はそういう時代なんだなぁ、でもここで描かれている工務店のみなさんは、こってこての大阪の人たち。そのミスマッチ感も面白い!

ぼくらの日報

3079冊目(今年53冊目)

« 『忘れながら生きる』 群ようこ 52 | トップページ | 『盲学校でマジックショーを!』 万博 54 »

コミックス」カテゴリの記事

日本の作家 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『忘れながら生きる』 群ようこ 52 | トップページ | 『盲学校でマジックショーを!』 万博 54 »