ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『チ。第3集』 魚豊 59 | トップページ | 『赤いペン』 澤井美穂 61 »

『ロンとリサ 探偵物語』 ロンパパ 60

Rontorisa

ロンとリサ 探偵物語

ロンパパ

パブピク

PUBFUN(パブファン)

NetGallyJP

パブファンセルフアワード2024 ノミネート作品

 ロンとリサはジェラルドから、「違法にペット販売している会社」の調査協力を依頼されます。
 ふたりは探偵のように張り込みをして数日後、ついに悪人たちを見つけたんです。

 悪人たちの後をついて行ってみると、そこにはたくさんの子犬たちがいました。

 

 買った時には小さくてかわいかったけれど、飼うのが面倒になったとか、引越し先に連れて行けないからといって、自分たちが飼っていたイヌを放置したり、捨ててしまったりする飼い主がいます。彼らは勿論悪いのですが、それを助長しているのがペットを販売している人たちです。店に並べられている子犬が少し大きくなってしまうと売物にならないと、捨ててしまう業者すらいるのです。

 イヌだって生き物なんだから、その命を大事にと考えるのは当然です。この絵本を読みながら、彼らを商品として扱う人間の愚かさに気づいて欲しいなぁ。

 

 この本は、著者がイヌたちの飼育放棄や殺処分の問題を見て、思いついたストーリーをベースに出来上がった絵本なのだそうです。その気持ちが大勢の人に伝わりますように。

#パブファンセルフアワード #NetGalleyJP

3086冊目(今年60冊目)

« 『チ。第3集』 魚豊 59 | トップページ | 『赤いペン』 澤井美穂 61 »

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『チ。第3集』 魚豊 59 | トップページ | 『赤いペン』 澤井美穂 61 »