ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『歌わないキビタキ』 梨木果歩 82 | トップページ | 『人新世の「資本論」』 斎藤幸平 84 »

『マンガ ぼけ日和』 矢部太郎 83

Bokebiyori

マンガ ぼけ日和

矢部太郎(やべ たろう)

長谷川嘉哉(はせがわ よしや)原案

かんき出版

 認知症って、誰にでもやってくることなんです。でも、どんな病気でもそうだけど、実際にそうなってみないと、どんなことが起きるのかわからないのです。あんなにしっかりしていた人が、同じことばかり言うようになってしまったり、あんなに優しかった人が酷いことを言うようになったり、家族はオロオロするばかりです。

 こりゃおかしいと思ってお医者さんへ行くと、いつもよりしっかりした話をしてるし。一番近くにいてお世話をしている人にばっかり「お金を盗んだんじゃないか」とか「ごはんを食べさせてくれないとか」言うので、ツラくなっちゃうし。

 

なんでそんな大事なこと、はじめにだあれも教えてくれんのです?

 この本に登場するお医者さんは、ある女性からそう言われてハッと気がついたんです。「同じことをされても、そういうものだとわかっているのと、知らないのとでは全然違うんだ」ということに。

 

 そうなんです、認知症になったらありがちな、あれやらこれやらを知っているだけでも、介護する人の気持ちが違うんだということで、この本が生まれました。

 

 人が変わってしまったように悪口ばかり言う人って、本当は寂しかったり、怖かったりするからそうなるんだってことを知るだけでも、介護の質は全然変わります。

 この本で、いろんなことを知ってください。「そうだったんだ!」と思うだけで、かなり気持ちが楽になりますからね。

 矢部さんの絵が、さまざまな話をすぅっと心に伝えてくれます。

3109冊目(今年83冊目)

« 『歌わないキビタキ』 梨木果歩 82 | トップページ | 『人新世の「資本論」』 斎藤幸平 84 »

コミックス」カテゴリの記事

日本の作家 は行」カテゴリの記事

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『歌わないキビタキ』 梨木果歩 82 | トップページ | 『人新世の「資本論」』 斎藤幸平 84 »