ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『ボクは漫画家もどき』 三田紀房 87 | トップページ | 『神田ごくら町職人ばなし』 坂上暁仁 89 »

『まぼろしを織る』 ほしおさなえ 88

Maborosiwooru

まぼろしを織る

ほしおさなえ

ポプラ社

 槐(えんじゅ)は母親を亡くしてから、川越で染織工房を営む叔母、伊代子さんの家で暮らしていました。そこに、事故で心に傷を負ってしまったいとこの綸(りん)も同居することになり、3人での暮らしが始まりました。

 綸は両親から、一日も早く前のように大学へ通い、就職活動をしなければいけないと言われ続けていました。でも、自分自身に何をしたいということもなく、苦しみ、言葉を発することが無くなっていました。そんな彼が、叔母の工房で青い糸を見たときに、突然言葉を発したのです。

 

 槐も綸も、自分が何をしたいのか、このまま生きていていいのかがわからずに苦しんでいます。

 自分が何者なのか?何をすべきなのか?目標は?と言われて、自分には何もないと思うと、自信が持てなくなります。家族から、これこそが正しい道だと強要されても、それをやりたくないと説明することはとても難しくて、やっているフリをしてしまいがちです。

 でも、納得できないことは続かないから、イヤだという気持ちを言えた綸は立派だと思います。

 糸を染め、旗を織るという仕事の魅力によって、少しずつ元気になっていく綸、最初は批判的だったけれど、それを見ているうちに何となく彼の気持ちがわかってきた槐。

 

 手作業の素晴らしさが伝わってくる、ほしおさんらしい作品です。この工房のワークショップ、わたしも参加してみたいなぁ。

3114冊目(今年88冊目)

« 『ボクは漫画家もどき』 三田紀房 87 | トップページ | 『神田ごくら町職人ばなし』 坂上暁仁 89 »

日本の作家 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ボクは漫画家もどき』 三田紀房 87 | トップページ | 『神田ごくら町職人ばなし』 坂上暁仁 89 »