ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『まめで四角でやわらかで 上』 ウルバノヴィチ香苗 111 | トップページ | 『CARPE DIEM 今この瞬間を生きて』 ヤマザキマリ 113 »

『天国からの宅配便 時を越える約束』 柊サナカ 112

Tengokukarano3

天国からの宅配便

時を越える約束

柊サナカ(ひいらぎ さなか)

双葉社

NetGallyJP

 天国宅配便の七星さんが届けてくれるのは、故人からの贈りものです。

 故人のことを好ましい人だと思っている場合は、すんなりと受け取ってもらえるのですが、そうでない場合には受け取りを拒まれてしまうこともあります。でも、七星さんは一生懸命に説得します。そんなあなただからこそ、故人はこれを選んだのだと確信しているから。

 

第1話 パンドラのひみつ箱
 駆け落ちしてイタリアへいったはずの姉からの荷物は、なぜか韓国から送られてきたのです。

第2話 食堂ミツコ最後の日
 ミツコおばあさんの食堂の最後の日に招待された真智は、招待状を見てハッと思ったのです。

第3話 いつかのファンレター
 テレフォンアポインターの美玖のところに、小学生の頃に好きだった漫画家から荷物が届きました。

第4話 孔雀石の母子像
 勝義さんは、美術展のチケットをもらったのですが、それが何の為なのかわからずにいました。

エピローグ

 

 贈りものを開いてみて、その人のことをイヤだと思っていたのは、実は思い違いだったと気づく人が今回は多かったですね。

 今回一番気に入ったのは、子どもの頃に好きだった漫画のことを思い出して勇気が湧いたという第3話です。勇気を持つってこういうことなんですね。

 それにしても、七星さんは頑張りますね。きっと、この仕事を天職だと信じているのでしょう。そういう仕事に巡り合えた彼女が羨ましいです。

 

#天国からの宅配便 #NetGalleyJP

天国からの宅配便
天国からの宅配便 あの人からの贈り物

3138冊目(今年112冊目)

« 『まめで四角でやわらかで 上』 ウルバノヴィチ香苗 111 | トップページ | 『CARPE DIEM 今この瞬間を生きて』 ヤマザキマリ 113 »

日本の作家 は行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『まめで四角でやわらかで 上』 ウルバノヴィチ香苗 111 | トップページ | 『CARPE DIEM 今この瞬間を生きて』 ヤマザキマリ 113 »