ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『うえをむいてあるこう』 くすのきしげのり 坂上暁仁 96 | トップページ | 『90歳セツの新聞ちぎり絵』 木村セツ 98 »

『十年屋 7 タイムセールいたします』 廣嶋玲子 97

10nenya7

十年屋 7 タイムセールいたします

廣嶋玲子(ひろしま れいこ)

佐竹美保(さたけ みほ)絵

静山社

 十年屋さんに預けたものを途中で取りに来る人もいますけど、そのまま10年経つと品物は十年屋さんのものになります。ですから、十年屋さんのお店の中はものだらけ!几帳面に見えるマスターですけど、実は整理整頓が苦手で、ずっと何もしないでいたんです。ついに通路すらなくなってしまって、執事猫のカラシちゃんは怒りだしてしまいました。品物を片付けるだけではもうダメです。少しでも品物を減らすために「タイムセールをいたしましょう!」ということになりました。

 十年屋さんにはいろんな人がやってきますから、いい人も悪い人もいます。いい人には優しい十年屋さんですけど、実は怖い魔法使いなんです。そうとは知らずにひどい要求をしてきたり、乱暴を働こうとすると、それはそれは怖い目に!

 最後のお話で、お天気屋のビビが企画したパーティは、とっても素敵な話だけど、ビビちゃんだからきっと何かあるんだろうなと思っていたら、やっぱりとんでもない秘密がありました。でも、終わり良ければ総て良し、魔法街のみんなが幸せになれてよかったわ。

プロローグ
1 タイムセールとイチゴ
2 ゆがんだ愛情
3 壊れた自転車
4 ガラクタの処分
5 魔法使いたちのびっくりパーティ
エピローグ

3123冊目(今年97冊目)

« 『うえをむいてあるこう』 くすのきしげのり 坂上暁仁 96 | トップページ | 『90歳セツの新聞ちぎり絵』 木村セツ 98 »

日本の作家 は行」カテゴリの記事

日本 児童書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『うえをむいてあるこう』 くすのきしげのり 坂上暁仁 96 | トップページ | 『90歳セツの新聞ちぎり絵』 木村セツ 98 »